2018年10月18日木曜日

表彰を受けました!

京都市自治120周年の記念式典にて、弊社が長年のインターンシップの受け入れなど教育分野への貢献を評価していただき、京都市 門川市長より表彰状をいただきました。

弊社の経営理念である「ひと・まち・わざをつなぐ」取り組みが評価され、これからも地域社会に貢献できるよう努めてまいります。


2018年9月15日土曜日

10月 中藏の家づくり勉強会のお知らせ

10月 中藏の家づくり勉強会のお知らせです。

日時:10/20 (土)10:00~12:00
場所:株式会社 中 藏   御池事務所1階

家を建てたい!でも何から始めればいいのか分からない・・・という方必見!
10月の勉強会はファイナンシャルプランナーを講師にお招きし、前半は『お金のこと』についての勉強会を開催いたします。ライフプランニングや住宅資金について、分かりやすくお話しします。
後半は、通常の家づくりの勉強会を開催。理想の家を建てるのには、どんなところに気を付けて計画していく必要があのるか、こちらは弊社設計士が分かりやすくアドバイスいたします。

質問の時間もございますので、お気軽にご質問ください。
ご予約・お問合せは下記の連絡先
又はWebサイトの「お問い合わせ」までお願い致します。
中藏HP:お問い合わせ
http://www.th-nakakura.co.jp/contact.html
株式会社 中 藏
TEL:075-841-0182
FAX:075-822-9001
Email:info@th-nakakura.co.jp
ご予約の際は下記の内容をお伝え下さい。
1.お名前
2.お電話番号
3.メールアドレス
3参加人数
※お車でのご来場をお考えの方は近くのコインパーキングに駐車お願いいたします。

2018年9月10日月曜日

『藏や 南聖町』が芸術新潮 9月号に掲載されました

8月25日発売の芸術新潮 9月号に弊社、設計施工の町家旅館『藏や 南聖町』が掲載されました。
錫の工房を併設した『藏や 南聖町』はオープン以来、大変ご好評を頂いており、人気の宿となっております。
今回は「秋の京都はアートのある宿へ」の特集記事に掲載されております。
アート好きな方にも、きっとご満足のいく京都滞在となることでしょう。
ご興味のある方はどうぞご利用下さいませ。
『藏や』公式サイト  http://www.machiya-stay.co.jp/


2018年8月30日木曜日

9月 中藏の家づくり勉強会のお知らせ

9月 家づくり勉強会のお知らせです。

日時:9/8 (土)10:00~12:00
場所:株式会社 中 藏   御池事務所1階

今年は例年に比べ厳しい暑さとなりましたね。
真夏の西日は1000W(ストーブ強ぐらい)ほどあると言われています。
暑い夏場は、太陽の光の入り方をいかにコントロールするかが、室内の暑さを軽減させる重要なポイントのひとつです。
反対に冬場には、たっぷりと太陽の光を取り込めるよう計画しなければなりません。
弊社では、窓の配置、窓性能、庇の出を検討しプランニングを行い、自然のエネルギーを有効活用することで、快適な家づくりをお手伝いします。
他にも、勉強会では弊社がすすめる、高気密・高断熱のお話、お金の事等、住宅に関するあらゆる事についてわかりやすくご説明させていただきますので、お気軽にお越しくださいませ。
また、質問の時間もございますので、お気軽にご質問ください。
ご予約・お問合せは下記の連絡先
又はWebサイトの「お問い合わせ」までお願い致します。
中藏HP:お問い合わせ
http://www.th-nakakura.co.jp/contact.html
株式会社 中 藏
TEL:075-841-0182
FAX:075-822-9001
Email:info@th-nakakura.co.jp
ご予約の際は下記の内容をお伝え下さい。
1.お名前
2.お電話番号
3.メールアドレス
3参加人数

2018年7月12日木曜日

『店舗兼住宅』~構造見学会のお知らせ~

【構造見学会のお知らせ】店舗兼住宅

日時:7/22 (日)10:00~16:00
場所:中京区(詳細はお申込み後、ご連絡いたします)

梅雨も明け、暑い日が続きますね。
皆さんのお宅のエアコンのききはいかがでしょうか。
これからどんどんエアコンをつける時間が増え、光熱費が気になってきますね。
エアコンのききは、住宅の断熱・気密性によって随分変わります。断熱・気密性が高いと、屋外の暑い空気の伝わりを遮断し、冷気を外に逃がさず、適度なエアコンで快適に過ごせます。
更に、夏の日射熱を取り込まない設計や通風計画をすることで、室内環境のコントロールも可能にします。
今回は、そんな断熱・気密工事中の物件を、お施主様のご厚意により見学して頂けます!
店舗兼住宅のこちらの物件では、シート内に断熱材を詰めていく、吹き込みタイプの断熱工法を採用。シートで柱間を覆いその中全体に断熱材を吹き込むので、従来の柱と柱の間に断熱材を敷き詰める工法よりも隙間をなくすことが可能です。
また、先日の地震で関心が高まっている方も多い耐震性。この物件は耐震構法の「SE構法」を採用しております。
構造内部の様子は、工事中にしか見ることが出来ません。耐震性のあるSE構法、高気密高断熱とはどんな施工方法なんだろうと気になっておられる方、この機会に是非見にいらしてください!

 
見学は要予約制となっております。
所在地等のご案内はお申込み後、ご連絡いたします。
ご予約・お問合せは下記URLよりお願いいたします。
※お車でのご来場をお考えの方は近くのコインパーキングに駐車お願いいたします。
ご予約メールフォーム
https://th-nakakura.co.jp/machiya/reservation/


7月 中藏の家づくり勉強会のお知らせ

7月 中藏の家づくり勉強会のお知らせです。

日時:7/21 (土)10:00~12:00
場所:株式会社 中 藏   御池事務所1階

先日の関西での地震には驚きましたね!
京都市内では大きな被害はありませんでしたが、大阪では被害も多く、ご自宅の耐震に不安をもった方も多いのではないでしょうか。
実際に地震を経験すると、耐震についてさらに気になりますよね。

弊社では、新築の工法として耐震構法の「SE構法」を採用しております。
SE構法は、強度の高く品質が安定した「構造用集成材」を使用し、接合部は断面欠損が少ない特殊な金物にて接合するため、熊本地震の様な余震が続く「連続した揺れ」に対しても強い家になります。
さらに、全棟で構造計算を実施し、「耐震等級」についても最高等級の取得も可能です。
また、SE構法は「ラーメン構造」という柱と梁が強固に接続される構造になっており、一般的な木造住宅で見られる「筋交い」を設けないので、室内の壁も少なくでき、自由度の高い設計が可能になります。
憧れの天井まである大きな窓や、柱・壁のない広いリビングも実現できます。

地震に強くてデザイン性のある家を実現する「SE構法」、家づくりのご参考にしてみてください!
他にも、勉強会では弊社がすすめる、高気密・高断熱のお話、お金の事等、住宅に関するあらゆる事についてわかりやすくご説明させていただきますので、お気軽にお越しくださいませ。
また、質問の時間もございますので、何でもお気軽にご質問ください。

ご予約・お問合せは下記の連絡先
又はWebサイトの「お問い合わせ」までお願い致します。
中藏HP:お問い合わせ
http://th-nakakura.co.jp/machiya/seminar/
株式会社 中 藏
TEL:075-841-0182
FAX:075-822-9001
Email:info@th-nakakura.co.jp
ご予約の際は下記の内容をお伝え下さい。
1.お名前
2.ご連絡先
3.参加人数
4.ご希望時間

2018年6月12日火曜日

6月 中藏の家づくり勉強会のお知らせ

6月  中藏の家づくり勉強会のお知らせ

日時:6/23 (土)10:00~12:00
場所:株式会社 中 藏   御池事務所1階

町家の改修物件を会場に行いました5月の勉強会は、
多くのお客様にご来場いただき、大盛況のうちに終了いたしました。
さて、今月は会場を戻しまして、弊社事務所にて勉強会を行います。

梅雨時期になり、湿気やカビのことでお困りも方も多いのではないでしょうか。
床下からの湿気に対しては、基礎に防湿層を設ける事で床下からの湿気の上昇を防げます。新築で主流となっているベタ基礎の場合、弊社では防湿シートを敷いたうえで、基礎のコンクリートを打ちます。
シートが地面からの湿気を遮断し、更にコンクリートが蓄熱層の役割を果たすので、建物全体の断熱気密性能を安定的に確保しやすくなります。古い建物になりますと布基礎が多いですが、その場合の改修でも、地面に防湿シートを敷き、上からコンクリートを打つことで、ベタ基礎と同じ効果を期待できます。
ハード面での湿気対策をした上で、次はソフト面での湿気対策です。
カビ・結露・ダニは、室内に最適な空気の流れを作ることで発生を抑えられます。風の通り道を考えた窓の配置計画はもちろん、窓を閉め切りにしている時でも、全館換気システムによる適切な換気計画を行うことで、強制的に室内に空気の流れを発生させます。それにより、じめじめな梅雨時も室内を快適に保つことが可能になります。

勉強会では更に詳しくご説明いたしますので、ご興味をもたれた方、是非ご来場お待ちしております。
その他、住宅に関するあらゆる事についてわかりやすくご説明させていただきますので、お気軽にお越しくださいませ。
また、質問の時間もございますので、何でもお気軽にご質問ください。

ご予約・お問合せは下記の連絡先
又はWebサイトの「お問い合わせ」までお願い致します。
中藏HP:お問い合わせ
http://th-nakakura.co.jp/machiya/seminar/

株式会社 中 藏
TEL:075-841-0182
FAX:075-822-9001
Email:info@th-nakakura.co.jp
ご予約の際は下記の内容をお伝え下さい。
1.お名前
2.ご連絡先
3.参加人数
4.ご希望時間
※お車でのご来場をお考えの方は近くのコインパーキングに駐車お願いいたします。